So-net無料ブログ作成

副収入は焦らずコツコツと稼ぐ

secret.png


前に書いた記事で

これは気をつけようという稼ぎ方を2つあげました。

1つはツールを使った記事とブログの大量生産

こういうブログはお決まりのキーワードと商品を
扱うのですぐに飽和します。

また法的にもキケンです。

いくらアクセスが集まるといっても

例えばツールで大量に「詐欺+販売者、商品名」など

で記事をつくって大量のブログに投稿したらどうなるか?

ネット上にスキャンダルなタイトルでブログを
作ることは、たとえ稼げたとしてもいろんな意味で
よくありません。

あなたがアフィリエイトのために作ったブログが
第三者に誤解や損害を与えたら

あなたは責任とれますか?

こういう稼ぎ方を脱ノウハウコレクター、脱初心者などと
いってツールとセットで3万円くらいで堂々と販売している
女性たちがいるので気をつけてください。

また商品の販売者が有名人とタイアップして販売していた
場合、有名人との契約が終了するときがやってきます。

契約終了した有名人の名前を使って売ってはいけない
ですから、販売者はアフィリエイターに

「もう有名人の、なんとかさんの名前は使わないで」
といってきます。

あなたは大量のブログから有名人の名前を削除しなけれ
ばなりませんが、これは大変な作業です。

要するに変な稼ぎ方をしてしまうと、あとがこわいのです。

もう一つはメルカリ無在庫転売です。

メルカリはネット上のフリーマーケットであり
ウェブショップという概念とは異なります。

フリーマーケットというものは不要品など
現物を処分するために、あるのですから
無在庫という販売形態はスジが通りません。

したがって規約違反になりますが、

メルカリでは現状、無在庫販売を完全に
排除しきれないので、

それをいいことに無在庫販売を続ける人たちが
います。

しかしこれも、顧客からのクレームなどに
よりメルカリからアカウントが永久に停止
されたりするリスクがあります。

メルカリでは転売者の口座を把握しているので
将来的に規約違反した転売者がブラックリスト
にのってそれが業界にまわり、

他所のフリーマーケットでも活動できなくる
可能性もあります。

ネット上の活動はすべてログが残ります。

また法律が改正になったので、ネット上のログは
公的機関でもやがて管理されるようになります。

ネットを使っているかぎり転売者が誰で、
銀行口座はどこでということまで公的機関
で把握が可能になるでしょう。

だから、この記事をあなたが読んでいることも
しっかり監視されているといってよいでしょう。

ネットの履歴は半永久的に残ります。

履歴によってその人の価値がはかられることが
あるでしょう。

外国では数年前にフェイスブックをやっていた
社員がクビになっています。

現代ネット社会では人の行く裏道などないことを
早く悟りましょう。

副収入は、まじめにコツコツが王道です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 副収入はネットビジネスで稼げ! All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます